睡眠不足はお肌の状態を悪化させます。

それだけではなく、ニキビにまで悪影響を及ぼすと言うのを聞いたことがあると、どうして関連性があるのか気になってしまうでしょう。

どれだけ睡眠時間を確保すれば良いのかやお肌のゴールデンタイムの役割と確保の出来る睡眠の工夫についても、詳しく見ていきましょう。

睡眠不足でニキビが出来てしまうメカニズムとは?

睡眠不足でニキビが出来てしまうほどの関連性があるのは、事実です。

そもそも睡眠不足はそれだけで全身へのストレスをかけてしまいますので、自律神経の交感神経が優位になるので本来と逆転した状態になってしまうわけです。

本来とは違って交感神経が活発になるために、男性ホルモンが大量に分泌されるのでお肌のバリア機能も落ちてしまうので、皮脂分泌量の増加によりニキビが出来やすくなってしまいます。

睡眠時間だけではなく大事なのは睡眠の質

ニキビを予防するためには、どのくらいの睡眠を確保すれば良いの?と思うでしょうが、一般的に7~8時間は確保するのがおすすめです。

ただし、睡眠の質も良くすることが欠かせません。

睡眠には、浅い眠りのレム睡眠と完全な熟睡になるノンレム睡眠があります。

お肌のターンオーバーが行なわれる時間は、「ゴールデンタイム」と呼ばれるのですが、ノンレム睡眠の時間帯ですので、しっかりと熟睡出来るようにするのが、ニキビ予防にもなります。

お肌のゴールデンタイムを意識した睡眠の工夫は?

お肌のためにターンオーバーは欠かせないので、それが行なえるゴールデンタイムに眠るのが最も大切なポイントです。

一般的に、入眠してから3~4時間経過した頃がそのゴールデンタイムになります。

この時間になると成長ホルモンが分泌されるので、いかに熟睡出来るようにするかが決め手となります。

そのためには、寝る直前に入浴をすると体温が上昇しているのでやや眠りに入りづらくなるので、寝るまでにゆとりを持って入浴をすれば、体温が低下してくるので自然に眠気を感じることができるのでおすすめです。

この記事のまとめ

睡眠不足はニキビにとって大敵だというメカニズムが理解いただけたでしょうか?

ちょっとした寝不足ぐらい大丈夫だと過信していると、心身だけではなくお肌へのストレスも知らず知らずに蓄積されてしまうので、やはり、とても睡眠は重要だと言えます。

お肌のターンオーバーを正しく行えるようにするには、ゴールデンタイムにしっかりと熟睡出来る状態を作れる生活スタイルを意識するのが重要ですので、出来るだけリズムを整えるように就寝するようにしましょう。

ニキビのできやすい方なら、特に睡眠をしっかりと取る生活リズムを意識するように心掛けましょう。

ニキビマガジンオンライン TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です